【勉強の技術】 英語スコアTOEFL®のスコアが伸び悩む時期と対策

目次
  1. 停滞期をどう乗り越えるのか。
  2. リスニング学習を行う前の事前準備が、効果性を上げる。
  3. 集中度を上げて、リスニング学習をはかどらせる工夫。

 

最初はモチベーション高く始めていたのに、

思ったようにスコアに結びつかないと

だんだんやる気や意欲が停滞してしいますよね。

 

魔女の宅急便のキキも、飛べないスランプ時期がありました。w

 

TOEFL学習において本当に飛べるようになるには、【 学ぶ必要性 】を高める必要があります。

 

「 なとなく英語力があればいいな。」

「 いつか必要になるから英語しておこう。」

 

といった程度では、巨大モンスターTOEFL®は太刀打ちできません。

 

やる理由が「 バチっ 」と決まってる人は、

英語の成長率もはやいはやい!w

 

まずは、

 

「 やる理由を補強する!」

「 目標の締め切りやゴールをさらに明確に決める」

 

ことで、倦怠感を取り除くことができます。

 

そのやる理由や目標を決める上で、大事なのが「情報収集」です。

 

情報をわずかしか持っていなかったりすると、

決定できず、優柔不断に陥ります。

こういったことを避けるために「 自分がなりたい!」と思えるキャリアの研究を始めて下さい!!

 

やる理由がある人は、どんな逆境や壁も乗り越えどんどん伸びていくものです。

 

TOEFLのような巨大モンスターと戦うには、この「学ぶ必要性」特に大事ですよ!w

 

「 必ず効果が出る, TOEFL学習アドバイス(リスニング)」

 

【1】リスニングを学ぶ前に、学習効果を最大限上げる方法3つ!

英語の基礎力がないとリスニング練習しても効果は薄い!!!

リスニング学習は、このレベルに至るまでに、

 

  • 1.英単語( TOEFLRのアカデミック用, 専門英単語 )
  • 2.リーディング( 英文法|読解 )
  • 3.音読( 発話練習 )

 

上記3点が最低限必要です。

 

【2】リスニング学習のカギは、量です。( 質ではなく、量です。)

基礎基本が徹底されたら、純日本人にとって学習全体の8割は、リスニングになります。( リスニングができないと、ライティング・セクションとスピーキング・セクションも解答できません。)

 

『 集中して聞いた時間に比例して、リスニング力は上がる!』

リスニング練習は、機材を使って行うものですので、割と受け身になりがち。

ぼんやりただ聞き込んでいても時間が過ぎてくので「やった気になる」るのですが、集中度が伴わないと時間だけ浪費したていることにありますよ。

 

 

【3】リスニング学習を集中させるための工夫・コツ。

(A)耳に負担がかかりますので、機材にもバリエーション持たせてください。

  ◆ 耳線型イヤフォン

  ◆ ヘッドフォン

 

(B)高い集中力を保たせるためにも、休憩|休養は、積極的に取ってください!

【 TOEFLRTEST学習に対する倦怠(けんたい)感の解消法 】▼▼▼

 

長時間の勉強で同じ姿勢で、同じ位置にあるものに固執してしまうと、取り組んでいるものに愛情が持てず、倦怠(けんたい)感に陥ってしまうことがあります。

 

そんな時は、意識を固着して位置から注意を引き離すこと、気持ちや注意を外向させることで解決されます!!!!

 

強く推奨しているのがウォーキング(散歩)です。

 

簡単な方法ですが効果は絶大です!たとえ疲れていると思われる時でも、歩いて意識を外に向けながら数十分歩いてください。

( 歩くときは、歩くために歩いてくださいね。荷物を抱えたり、音楽を聴いたり、通勤、通学時に歩くは、効果が少ないです、NG!歩くために歩く、これが大切です★)

 

意識が外向すれば、またしっかりと情熱を回復させて作業を再開させられますよ!

ウォーキングで、気持ちあげあげにして学習パフォーマンスを上げていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です