【 留学は恋愛と同じ!】とことん自分に向き合って、あなたの魅力が伝わる” 志望動機書 “が書ければ、フラれる方が難しいのです。

海外の大学について知ることで合格にぐっと近づきます。

大学は、本質的には研究機関です。
【 研究 】とは、自らの物事を突き詰めて明らかにすることです。そのプロセスは、大学の授業やゼミで教授や同級生と意見交換やアドバイス受け取りながら、自分の意見を考えてまとめていくことになります。

 

実は海外の大学は、こんな人が欲しいのです。▼▼▼

 

1.十分な知識と技能
  ( 基礎学力は、絶対に重要 )
2.自ら答えを見出していく思考力、判断力、表現力がある人
  ( 日本人に今、急激に求められている力ですね )
3.主体性を持って多様な人々と協力して学べる人
  ( 学習姿勢さえも学力と同じくらいの価値を置いている点 )
 
相手がどんな人材を求めているかを知ることで合格にぐっと近づくことができるのです。
 
基本的には
恋愛と一緒!!
あなたがブスだからフラれるのではありません。
求めるもを知らず、
それを与えなければ、フラれてしまうのです。
 
恋愛がうまくいく人(合格する人)は、
いての求めるものを知っていて(つまり、知ろうとする努力をしていて)
なおかつ、それを提供できるように努力している人です。
 
あなたの人生において見てくれ(見た目)は、おまけみたいなものです。笑
 
 

海外の大学は受け入れ前に「あなた」のここを見てきますよ。

どれかが突出しているだけではきつい。
かけ算で合格を勝ち取るのがアメリカの大学です!(特に大学院入試)
 

1位、志望動機書

1位、学校での成績

1位、英語の力

1位、個性(コミュニケーションとれる人)

:

(付随させて評価されるもの)

2位、推薦状など

3位、銀行残高

 
  • 基礎学力/ GPA ( 成績が良いということは「まじめ」に取り組んでくれるという証明です。)
  • コミュニケーションする力がある人  ( 学校でのやり取りは「対話」によって成り立っているからです。)
  • 人物像/ 個性  ( 他の人と一緒にやってける個性かどうかが大切 )
  • 明確な目的意識 ( 目的のない人がどう行動するか知っていますか?勉強しないですよ~。ひどいですよ~?
 
 
ちなみに日本の大学では
  • 一般入試では、「学力検査」のみです。
  • 大学の入試改革制度で評価が「学校の成績」にシフトします。
  • AO入試では「志望動機」と「個性」が評価されます。
  
(ステップ1)エッセイによる審査
まず大学側はあなたに会う前【 エッセー 】を提出してもらって「あなた」を知ろうとします
そのエッセーでは、ここが見られています。
 
  •  過去/現在/未来に統一性があること。 
  •  一貫していることが人を評価させます。
 
大学側は「 志望理由書がしっかり書けている人は、きちんとした学ぶ理由があるので、頑張ってくれる!」と考えてます。( 日本の大学は逆ですよね。学力があることと、学ぶ理由があることは別なので、日本の大学生は学ばないのです。 )

 

 (ステップ2)面接による審査
実際に海外に来て面接できない場合、日本にいるその大学の卒業生を面接官として送ることがあります。
面接官は、基本的にこの2点を見ています。
 
1.相手を論破するようなディベートや討論ではなく、対話できるコミュニケーション能力があるかどうか。(対話を知らないと、勝つことを考えてします。バトってはだめです。)【 共同作業できる人 】かどうかを見てきます。
2.与えられた課題を、どう乗り越えていくのか(今までどう乗り越えてきたか)を知りたいと思っています。
 
さて、これらのエッセーや面接・インタビューを越える上で、「あなた」がまず対策しなければいけないことは何なのでしょう。

 

それは、、、

自分らしさを知ること。

 

自分を知っている人は、
「 勉強もガンガンしますし 」
「 その勉強を使って何を作ればいいのか 」
を知っています。 だから、自分らしさを知っている人は強いのです。
(逆に知らない人は、何を始めてもすぐ諦めます。また、優柔不断で決定できないので周りも混乱に巻き込みます💦💦
 
(志望動機緒を書き始める【前】にちゃんとやっとけっ!)ってなる部分。
これからのキャリアを知ることって、適当にやってないー?!空想にひったてないー?!
 
 
 
留学準備のためのエッセー。
「 その人らしさ 」って、どうやって見つけていくと一番いいの?

A: 対話によって導きます。

 

自分らしさや自分の在り方は、「 大人と対話しないと見つからない 」のです!!!

 

大人と会話すことによって【 高い確率 】であなたが見えてきます。

友達とチャットしていても、絶対に見つかりません!

 

対話によって「 本当のところ(こころのそこから)何をしたいのか」を具体的に見つけていくのが目的です。

 

合格を勝ち取るために対話をしながら、「その人らしさを見つける3つの視点」

 

1.【理念/価値観/世界観】 大事にしている思い「好き嫌い」の価値基準。
2.【思考】 自分の状況にどのように考えたか
3.【行動性】 どのように行動したか。どんな結果につながったか。

 

海外の大学は、

「自分自身を知っている人。=学ぶ目的を持っている人。」

と考えるからです。
学ぶ目的を持っている人は、問題を解決できるだけの知識力と行動力を持つことができるからです。

 

【コラム】 TOEFL®勉強会の卒業生から学ぶ合格事例。
合格している人が確実に志望動機にに盛り込んでいることは何か?「 他人たちにいかに貢献するか 」という視点が大切ですなのです。( 逆に、上手くいかない人の最大の特徴は、自分の事しか考えていません。「自分がどう幸せになるか」「自分がどう見られたいか」だけにしか注意が置かれていません。

 

 

 

 

 

志望動機書・エッセーを書く手順

 

何からエッセー対策を始めたらいいですか。
 
まずは、

情報収集から!

 A. オープンキャンパス
 B. 志望理由書は今からでも
( 添削5回|最初は誰もふわふわでペラペラなもの )
 C. 大人との対話から導く。 | 目的を補強・強化する。

 

志望理由・エッセーは情報戦です!

 

合格する人と不合格で終わる人のあいだには、歴然とした違いがあります。
【自分の価値】を掘り起こし、(自分を知る)
大学が求めているものとマッチさせて、最強の志望理由書を書き上げよう!(相手の情報を知る)

 

落ちる人:思い出話。 抽象的な話。 主体性ゼロ。

合格する人(3つの特徴)
1.将来活躍したいエリアそのキャリアに社会貢献という 「大義名分」はあるのか?!
2.その分野への問題意識
3.そのために大学で学びたいこと大学の特徴を知っておく。大学の見えにくい教育理念より、可視化されているカリキュラムに目を向ける。(大学の実績、教授陣

———————

 

志望動機が具体的に書けるようにするには、情報が必要です。対策、普段から自分を知る作業を続けて下さい。見つかったならそれを補強・強化して下さい。

 

例)具体例を入れてください。内容が具体的で読んでて面白いので読まれる
こった文でなくても良いので、読み手がいるという感じで書き上げて下さい。
小学生の日記は読みたくない。読んでつまらない、=人間に魅力がない、=不合格になる。( 以前TOEFL120点満点だった子が大学に落ちました。それは、エッセイの出来が悪い、つまり魅力がない、面白くないと判断されたからです。エッセーが弱いと、落ちに行くようなものです。)

具体的な「あなただけのストーリー」をOPENにして書き上げて下さい!

・活動報告よりも具体的なストーリー。
・失敗談は、おいしい★
過去スゴかったことより、失敗から学んだこと★
 
「残念な例」私は発展途上国への支援活動に大変興味がある。これは私の夢であり、ライフワークと言っても過言ではない。そのためならどんな努力でも惜しまない。
「ばっちり解答」私は、大学1年生のときから、ベトナムの子供たちに絵本を送る活動にボランティアとして参加してきた。将来も発展途上国への支援活動に携わっていきたい
 
「 優等生っぽく 」装って、面接・インタビューでおろおろする人が後を絶たちません。
「 自分の譲れない軸・強み 」を見付けることを怠り、
「 他人の真似 」をしてさらに不合格になるだなんて、ばかばかしいと思わない?
 
本当の人生を生きたいなら、ズルやせこい行動はやめて、
自分だけの価値感を見つけ出そう。
自分にしか書けないオンリーワンのエッセイ(志望動機)を書こう。
そして、インタビューでは未来への夢を見せつけよう。
 
アメリカの大学院は志望動機・エッセーが面白い。
面接は、オーラで決まる!

オーラは隠せない!自分自身を知っている人、自分の人生を知っている人は、オーラがぷんぷんと出ているのです!

 

 

 

 
 

妄想で生きる『キモイ』やつにはならないで! 『(NG)暗闇投げキッス』
 
TOEFL勉強会では、
「(恥ずかしがって)コミュニケーションが取れない人は、世界に出る意味はない!」とか、
「 人との関係が作れることが、成功すること!」
と言ったことをメッセージ多く伝えています。
 
ただ、ときどき、人をまるめ込んだり、
世渡りするテクニックだと勘違いする人がいますが。。

 

【誤解しないでください(怒)】

 

コミュニケーションは、決して、価値がなく、
ただ、なんでもない普通のものを、
高価なものに見せるテクニックではありません。
 
しかし!!!!!
「正直」に「まじめ」であれば、
黙っていても周りを動かせるというほど、
世の中は甘くはないのです。
 
もし、あなたに好きな異性がいるなら、
 

「好きだ!」

 
というメッセージを伝えなければ、相手には伝わらないのです。
 
あなたが、自分の部屋に閉じこもって、
ひとりで投げキスをしていいても、だれも気づいてはくれないのです。
 
それはただ、
妄想で生きるキモイやつです。

 

( 【目標】や【夢】もまったく同じことが言えます。 )

 
みなさんがいくら「正直」で「真面目」に「地道」に「正々堂々」と勉強をしていていも、
そのことを口にして伝えなければ、誰にも分からないのです。
 
あなたがたくさんのものを暗記して勉強したところで、
そんな小手先のテクニックで人を動かせるほど、
世間はバカではないのです。
 
人は、いつでも、信頼できる社会や信頼できる人から影響を受けたいと考えています。
 
あなたが、世の中に本当に必要とされている価値あるものを考えて、

その夢をかなえたいなら、一生懸命そのことを伝えること!!!

 
信頼関係を築く力を身につけること、
そういった人間力こそが、成功に結び付くのです。
 
もし、あなたが、「正直」で「真面目」に「地道」な勉強をしてきて、
「正々堂々」勉強をしているなら、
自分の【夢】を発信して、ヒーローに変身してください!!!

 

人は、ヒーローの登場を待ち望んでいます。

つまり、あなたの登場を待っているのです!

 

 

いま何かに取り組んでいるなら、
それと同時に、自分のかなえたい夢を世界に【発信する】のです。

 

 
あなたに必要なのは、
変身する勇気、
自己開示する勇気だけです。
 
ヒーロー(あなた)は、
ミッションを掲げたことによって、
 
以前よりもずっと、
自分の夢に向かうスピードが上がっていることに気がつきいますよ。
 
 
志高く!
 
 
(まとめ)
夢は発信することで協力者を得ることができます。
そして、その協力者は、みなさんの夢の実現の【速度】を上げます!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です