【 海外ジャーナル 】アメリカと日本。魅力と残念を考えてみた!!!

   

【 海外の魅力 】アメリカと日本。魅力と残念を考えてみた!!!

 

あゆめりかです。

 

今回は日本のいいところ、残念なところについてザっくり考えてみましょう!

 

「日本のいいところ」

 

第1位 食べ物

日本人といえばヘルシーでスリムで、長生き! 

まず、アメリカの食事と比べてカロリー低め。

 

甘さ控えめ。

 

量控えめ。

 

和食は目で食べるといいますが、

繊細な料理が多く、食事を楽しめます。

 

また、料理のバラエティも豊富!!!!

私はもっぱら日本食を家で料理してます〜 ( 腕上がるゎ〜(笑))

 

アメリカは、んー! ドーン!

どひゃ〜

これでもか〜

みたいな料理です( 後はご想像にお任せします(笑))

 

食事を楽しむというよりは、

「 胃にカロリー入れる 」というイメージで、

栄養等は二の次に感じます。

 

 

 

第2位 公共交通機関がとても便利

 

電車、バスでどこへでもさくっといけますよね。

私も当時、お昼に新大阪から新幹線に飛び乗って東京行って、最終新幹線で戻ってくるという事もありました。

 

遠いところに住んでる友達にも一日あれば大概会いに行けます

 

小さな島国って事もあって、地方から東京までのアクセスも非常にいいです!

懐かし〜

 

アメリカはというと、車、車、車社会!

車ないとどこへもいけまへん!

スーパーもいけまへん。

 

都会が遠い〜。

サクっとニューヨークへは、いけません!

 

少なくとも私が住んでるところから車で10時間。

この距離になると私の家庭は、飛行機移動の距離になりますね〜。

 

不便だこと。。

 

 

 

第3位 保険制度が充実してる

やはり、日本の健康保険制度はアメリカに比べてよく整っていると思います。

 

会社に雇われ、

保険さえきちんとかけていれば、

大きな病気をしても、

大きく家計が狂う事はほぼないと思います。

 

医療費は3割のみの負担!!!!

 

子どもは、中学生までは小児科での診察は無料などなど

 

アメリカは、

保険の種類によるので、一律ではないし、

入院費など保険が適応されないことも多々あり、

大きな病気をすると一気に生活が天から地へ転がることも、、、

 

なので、アメリカは、preventive careが整ってます。

歯医者でゆうと、年に2回cleaningが無料や、年に1回健康診断が無料など

 

未然に防いで、高額な本当の治療をしなくていいようにしようって言われてる感じ!

 

( アメリカでは、)病気は自己責任の国!

 

あと、

アメリカの病院は、すぐに予約が取れないことも多々あるし、walk-inは、時間が決まっていて、それ以外の時間はER(緊急外来に回されるということも、、、)

 

どっひゃ〜です

ここは、健康な人かめちゃくちゃ貧乏な人に優しい国です

 

 

 

 

≪ それでは、日本の残念なところいってみよ〜 ≫

第1位 女性の地位の低さ

前に日本で勤めていた会社は、女性管理職は2人でした(泣)

その方お二人とも独身です!

 

欧米諸国に比べるとまだまだ女性の職場での地位は低い。

(アメリカもまだまだ頑張れるとこある!)

 

日本も頑張って、女性も出産後もキャリア形成を目指せる会社を増やしてほしいです。

 

 

第2位 将来の選択肢の幅が狭い

大学の専攻の数、人との出会い、経験の場など、海外にくらべると機会が少なく、

閉ざされている感覚に陥ることもあるでしょう

 

日本の有名大学も海外の大学に比べれば、ランクはそれほど高くなく、

 

将来海外で働きたいと思う人には、

どんなふうに準備を進めていけばいいのか情報が少ないのも痛い、、、

 

日本に住んでいる外国人もまだまだ少ないから、

もっとDiverse になってく必要があります!!

 

 

第3位 根強い文化

私が感じるところ、日本は文化や風潮を大事にするので、

暗黙に決められたこうしないといけないと言う事が多々あります〜

 

それから逸れて何かを新しい事をする白い目で見られ、生きにくく感じる事も

 

みんなと同じと言う安心感に守られて生きる文化は、

新しい事に挑戦したい〜と思う人にはちょっと向かい風かも〜

 

でも、そんな中で一生懸命頑張る人カッコいい!

キラキラしてる〜!

 

是非、夢叶えましょう!!!!!!!!!!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です