【留学体験記】 歯学留学★歯科医として最先端技術を学ぶ(アメリカ留学・大学院留学)

:プロフィール

片岡智 2013年から愛知県で歯科医として勤務、2018年冬よりテキサス大学サンアントニオ校で、補綴科専門医プリセプターシップに参加、2020年より、専門医プログラムにて3年。好きな食べ物 焼肉、日本食

 

:留学を決めたきっかけ教えて下さい!

アメリカが日本とどう違うのかに興味がありました。日本でセミナーなどに行っても解決できないことが多く悩んでいたからです。

 

:どんなことを学んでいますか? 

補綴学について学んでいます。補綴学とは、被せ物や、入れ歯、インプラント、審美歯科のスペシャリストのことです。UT Health Science Centerを選んだのは、アメリカの大学を合計8校見学に行って一番自分の学びたい基礎基本が学べる大学だと確信したからです。

 

:海外の大学で学ぶ良いところ・メリットは何ですか。

メリットは、年齢やバックグラウンドにかかわらず、学びたい人にチャンスが与えられると思います。世界からアメリカの教育を学びに来ているので必然的にモチベーションが高い人が多くプロ意識が驚くほど高いイメージです。デメリットは、金銭的、家族、友人、食事など犠牲を伴うということです。あとは自分の時間がほとんどなくなります。

 

:今までの海外生活で一番印象にのこったことは何ですか?

一番印象に残ったことは、すごい高い倍率を勝ち抜いて臨床大学院生となった彼らでさえ、すごい賢いからいるわけではなく、とてつもない努力と覚悟の上に成り立っていると気づかされたときです。そして個性と同じくらい協調性をいつも心掛けていることです。成績がよくても人柄が悪いなら適正ではないとみなされます。これがアメリカに行って自分のアメリカのイメージと大きく違ったところです。

 

:海外生活で頑張ったことは何ですか?!

辛いけどやりぬいたのは、TOEFL,入学面接、国家試験。目の前のことに努力しつつも、頭の中では今の知識や経験をいかに5年後、10年後のキャリアでどう生かすかというのを常に考えるようになりました。

 

::留学準備においてしておいた方が良いアドバイスなど教えて下さい!!

周りにはやらない理由や、他人のせいにしてしまえば楽なことばかりありますが、ベクトルがずれそうな時は、なぜ今自分がやっているのかなど、常に自分の大きな目標を明確にして今やるべきことに疑うことなく取り組むというのを自分は心掛けています。

 

 

:留学を考えている日本人にメッセージ

留学という目標は、数日頑張ったから届くような目標でもないと思います。ただ他人ではなく、昨日の自分と比べて毎日前にすすんでいくことが大切だと最近思います。数か月数年挑戦し続けるためには、一人では難しいと思いますが、同じような志を持った仲間、恩師、両親、友人の協力あっての環境に感謝しつつお互い頑張りましょう。

 

:アメリカで歯科医になるためには

いくつか方法があって、二年のインターナショナルの歯科医用の編入コースに行くか(合格率は10%以下)、二年以上の専門医プログラムに入る(こちらの合格率は科にもよるが、5%以下ほど)この手段の場合、治療できる州が限られる。

:留学の大学選びポイント

自分が何をしたいかで決めます。インプラントがやりたかったらインプラントが強い学校に行くというイメージです。偏差値で決まるわけではないと思います。もちろんTOEFLも90あれば色々な選択肢が増えてきます。年々基準は上昇傾向。

:片岡さとる 歯学部のコース

専門医プログラムでは、補綴科、歯周病科、矯正科、口腔外科、歯内療法科、小児歯科、高等一般治療科など。2年から6年までと専門医プログラムも様々

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です