【TOEFLライティング】TOEFL初心者が知っておくとお得な対策★3選

【TOEFLライティング】 TOEFL入門者さんが、事前に知っておくとお得なライティング対策★3選

TOEFLライティングも他のセクションと同じように
普段の練習が欠かせないセクションですが、
TOEFL学習を進めている方にとって、
ライティング学習の際に気を付けておくと
スコアに結びつきやすい学習ポイントポイントをまとめました。
ご紹介いたします。

【 1.あらかじめ、TOEFLライティングで出題される形式を知っておくこと】

TOEFLライティングには2種類の問題形式があります!
【independent task】 と 【integrated task】 です。
初めのライティング形式は【independent task】と言って、
題目に対して30分でエッセイを作成するものです。
次の形式は、【integrated task】です。
3分で英文を読み、
その後2分くらいの英語講義をリスニングで聞きいた後に、
講義に対する設問に対して20分間で英作文をするテストです。
この【integrated task】の形式で気を付けたいのは、
講義を聞く必要があるので、リスニング力も鍛えておかなければ、
そもそも解答すること自体が難しくなるセクション!

 

出題形式を知るだけでもTOEFLスコアは変化するはずですよ★

 

【 2.TOEFLライティング専用の英文表現を使い慣れていることが大切です。】

TOEFLライティングでは、大学の論文で書くような、
ある程度、学術的なアカデミックな表現を知っている必要があります。

 

大学で卒業論文を書いたり、
レポートを提出した方はお分かりかもしれませんが、
ライティングで良い文を書くには、
【英文のサンプル】を事前に目にしておくことが大切です。

 

TOEFLライティングではどういった表現で書かれているか、
またどんな論理展開で進めていくとレポートや論文として理解しやすい内容になるのかを
事前に知るだけでも効果的です。
【 3.必ずネイティブに添削してチェックしてもらう。】
TOEFLライティングは、まずは英文が書けるレベルからスタートしますが、
論文のようなレベルのものにどんどん改善していく必要があります。
一番NGなのは、誰の目にも触れられないで、

「書いたらかきっぱ」あとはほったらかし、の学習の仕方です。

キチンと添削が加えられることで、ライティング力もぐっと伸びていきますよ。

この3点に意識を配るだけでも、ライティングスコアは変わってきます!

1.TOEFLライティングの出題形式を知っておくこと。

2.学術的でアカデミックな英語表現を知り、論理展開を理解しておくこと。

3.必ず誰かの目に触れてもらい、ブラッシュアップさせること。

ライティングは他のセクションに比べ、
スコアが短時間で上がりやすいセクションと言われています。

 

そうすると、目標スコアを達成するためにも得点源となるセクションですので、
継続的なライティング学習、ポイントを意識して取り組んでください!
応援しています!

 

それでも困ったときはTOEFL勉強会にお声かけください!

TOEFLライティングは、比較的簡単に見えるとはいえかなり手ごたえのあるものです。

一つひとつ丁寧にステップを踏んで学習を進めていけば、

かならず高得点に結びつきます。

私たちの活動がお役に立てると嬉しいです。

 

https://toefl-study-group.org/

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です