\ 高校生からの 海外留学に必要な SATについて!/

高校生からのアメリカ留学! 共通テストとしてのSATについて

SAT(ScholasticAssessment Test)とは、
「College Board」が主催するアメリカの大学進学希望者を対象とした共通テストです。
(日本でいうとセンター試験です!)
留学生向けのテストではなく、
アメリカの大学の合否の基準になるテストなので
アメリカ国内の高校生が多く受験するテストです。
アメリカでは義務教育の制度が各州によって違い、
かつ生徒は一定のルールで自由に科目を選択できるので
高校によって学力の差があります。
成績の付け方も学校によって異なるので
大学受験で高校の成績のみで合否を判断できないのです。
だからSATを受験して学力の判断基準にするのです。

:SATのテスト内容

 

:SAT Reasoning Test

日本の高校生が、
アメリカ合衆国の大学に留学する際に受験するのもこの試験です。

Reading Test、Writing and Language 、

Math(電卓使用不可、電卓使用可)も4つのセクションに分かれており、

各セクションで200点満点で合計1600点満点で評価されます。

希望するとEssayも受験できます。

マークシート方式で解答は鉛筆のみ可。

電卓は関数計算のできるものが許可されます。

TOEFLと違い、
外国人向けではないのでReadingは
TOEFLよりも難しいと言われます。
アメリカ人向けの入学試験ということですね。
内容はアメリカ史、文学、経済、心理学など。
Mathはほとんどが数1、数Aからの出題のため
日本人は(簡単に感じるはずなので)ここで点数を稼ぎたいところです。

 

:SAT Subject Test

科目別のテストで、

英語、歴史、社会学、自然科学、語学、

の5分野20科目から3つまで選択します。

通常は大学側が科目を指定しています。
アメリカの大学を夏入学するようであれば、
秋10~12月に受けて早くから準備が効果的ですよね。
Readingに関してはTOEFLの勉強がつながります!
mathに関しては、特別に数学に取り組む必要があります!
しっかり計画を立てて取り組みましょう★
※小早川かんなさん(高2)のエッセイより

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です