**【合格体験記】TOEFL®で長崎大学大学院に合格★

:長崎大学・大学院に合格(坂本琢美、小児集中治療室 看護師)勉強会にメッセージ

皆さんが、目標に向かって本当に信じられないほどの努力をしていることを、私は知っています。私よりもずっと若いみんなが、自分の人生と社会貢献のために、毎日6時間とか8時間の勉強を平気でこなしている姿は、私にとって大きな刺激になりました。本当に感謝しています。

 

私が最初に勉強会に参加したときには、農業分野を若者にもっと魅力的なものに変えたい人がいて、治験の世界にいた栄養士さんが再び栄養学のために留学しようとする人がいて、大学生にもかかわらず遊ぶ時間を投げ打ってTOEFLに時間を捧げる人がいて、勉強会という組織を理解しきれませんでした。

 

でも、勉強会での単語テストが始まった瞬間、バラバラに見えたその人たちが、TOEFLという一つの目標に向かって、まさに文字通り「人生をかけて」勉強していることが、すぐにわかりました。今いる勉強会メンバーへも、それぞれの夢と困難を抱えながら、毎日死に物狂いで勉強していることに、心から尊敬をしています。

 

お互いにお互いを尊敬し合いながら、切磋琢磨できる組織は「最強」です。なんとなく就職した企業で、なんとなく任された仕事をこなす日々に同じものを求めても、それは無理です。そんな美しいものは存在しません。今あなたの隣にいる勉強会のメンバーは、最強の戦友です。そして、私自身がその一員であれたことを誇りに思います。これから先も、優しく厳しく、磨きあっていきましょう!

 

 

:私のTOEFL強会時代

「世の中無理なこともあります。でも、それって本当に無理なんでしょうか?」

 

そうやって考えられるようになったこと、そして、わずかな可能性を諦めないで言い訳せず努力できるようになったことが、勉強会を通して大きく変わったことです。

 

例えば、看護師の世界で有給を自由に使うというのは、自分勝手な行動とみなされがちです。新人ナースたちは、「自分の都合で有給を取るとか無理でしょ。病棟は人がいないっていつも忙しくしてるし。」といった風に考えています。実際に、私はそうでした。でも、そう考えている人たちの多くは、師長に交渉してみることすらしていないのです。

 

例えば、結婚していて子供がいると、仕事と勉強と家庭のバランスを取らなければなりません。では、大学院進学は無理なのでしょうか?きっと不可能ではありません。実際に私は、どん底の英語力から英語で入試を実施する大学院の入試を合格を勝ち取ることができました。

 

無理だと判断しているのは自分で、自分の判断というのは限られて経験や知識をもとに下されるものです。だから、その「無理」は「実は無理じゃない」可能性も十分にあると言うことです。

 

何かに取り組もうとすると、必ず問題が生じます。勉強会で学べるのは、どうやったらTOEFLで手っ取り早く点数が取れるかではなく、どうやったらそのような不可能と思える問題に対処できるかです。

 

そして、私のこの一年を振り返っても、英語だけではない様々な問題に直面してきたことが、目標到達を可能にした重要な要素だと確信しています。でなければ、今頃仕事と育児に追われて、それを理由に勉強をせずウジウジしていたと思います。笑

 

これから先も、勉強しながら育児とか、そんな状況下で経済面を安定させなければならないとか、課題はたくさんあります。しかし、その一つ一つに突破口を見つけて、乗り越えていけると思っています。

 

 

:これからTOEFL勉強会で頑張ろうとしている皆さんにメッセージ

皆さんは、何か目的があってTOEFLのスコアが欲しいと思っているかと思います。本当にそれがやりたいことならば、決して諦めないで毎日勉強しましょう!TOEFLの勉強をスタートしてまずぶち当たるのは英単語です。「こんな短調な作業やだ!」と思うかもしれません。でも、その短調な作業を怠けたい気持ちと、目的を達成したい気持ち、どちらが強いですか? 本当に好きなことややりたいことのためなら、歯を食いしばってひたすらそこに時間を費やすことができるはずです! (できなかったら、その目的は対してやりたいことではないはずです。目標設定しなおしましょ。)

 

21点からスタートした私でさえ、大学院の英語で書かれた入試問題を時間を余らせて解けるようになったぐらいなので、皆さんにも絶対にできます。絶対です!!

 

それでもくじけそうになった時には、誰かに頼ったり、最初にその目的に魅かれた時のことを思い出しましょう。私は、落ち込んだときは行きたい大学院の説明会に足を運び、その度に初心を思い出して「こんなことでクヨクヨしていてはダメだ。もっと勉強しよう!」と自分を奮い立たせていました。 決して諦めないで、毎日勉強しましょう!

 

 

【Q】初めて勉強会に参加した時はどうでしたか。

みんな信じられないくらい勉強していて、圧倒されました。それと同時に、こんなに闘志むき出しに頑張っている若者がいることに、興奮しました。「あー、この集団についていけば、自分も確実に成長できるな」っていう感覚です。なんせ、初回TOEFLは21点で、それが終わった瞬間に奥さんに「生まれ変わったら、人間なんかやめてミミズになろうと思う」と話したぐらいどん底の英語力だったので、周りのメンバー以下の勉強量じゃTOEFL80点とか、大学院合格なんかありえないと思えたことが、初めて参加した時の大きな収穫だったと思います。

 

 

【Q】TOEFL勉強会を選んだ理由は何ですか?

 第一に、佐々木さんの熱意:佐々木さんにできると言われると、なぜかできる気がする

 第二に、勉強会での講義の質:常に新しい情報が入ってくる

 第三に、常にメンバーから刺激が受けられる環境:周りがメチャやってるから、自分もやらなきゃまずいとなる

 

 

【Q】スコア達成を確認した時の様子、教えて下さい!!!(その時の気持ちや感情など、ぜひ教えて下さい。)

インターネットで合格発表を見ました。場所はいつもその時間帯に勉強している近所のミスドで、その時を待ちました。受験番号を見た瞬間、信じられないような気持ちと、嬉しい気持ちとで混乱しました。すぐに奥さんに電話して、結果を伝えると、電話がつながった瞬間に号泣してしまいました。28際のおじさん、ミスドの店先で大号泣という異様な光景だったと思います。笑

 

 

【Q】達成した今言える、「凹んでいた過去のあの時の自分」に声をかけるとしたら、何と声をかけますか。(長文可。)

「大丈夫、お前ならできるから、腐らずにやってみろ。」

 

 

【Q】TOEFL勉強中にあったストーリー。

一番の事件といえば、私が勉強に熱中するあまり、奥さんが一瞬だけ家から出て行ってしまったことです。

 

6時起床して英単語、8時出勤、19時仕事が終わり、勉強と夕食と仮眠を挟んで、そのまま0時から夜勤開始、翌朝10時に夜勤が終わって仮眠、昼12時から23時までずっと勉強。みたいな生活を送っていたんです。

 

そしたら、水道料金払い忘れて家断水。それまでは私が料理を担当していたのですが、それもしなくなって奥さんは仕事と家事に追われ、「しばらく家出るわ」って行って出て行ってしまったんです。まだ結婚して1年が経った頃でした。

 

これには、めちゃくちゃ焦りました。そんな思いをさせてしまったことに、深く反省しています。

 

でも、それほど一緒にいろんな困難を乗り越えてきたので、今日は一緒に泣いて喜びました。

 

 

【Q】勉強会での忘れられない言葉

「できない言い訳を並べるのは簡単。どうしたら出来るのかを考えてください。」

 

 

【Q】大切な10年後の自分にメッセージ!(今回の取り組みで自分が好きになれましたか。)

10年前に必死に頑張っていたことは、今役に立っていますか? そして、今のあなたは10年前のあなたに誇れるあなたですか? 努力が足りないなら、努力しなさい。腐らずに、ただやれば良いだけの話です。

 

 

 

:TOEFL勉強法について

.

坂本琢美(小児集中治療室 看護師)

【 将来の夢 】 一人でも多く、子供の命を救いたい。

【 目標達成までの期間】 2019年1月 ~ 2020年2月

【 平日の学習時間】8時間

【 休みの学習時間】12時間

【 一番勉強した時間】13時間

【 勉強会前のTOEFLスコア 】TOEFL21点, TOEIC 535点

【 目標達成/最高スコア 】TOEFL80/63点, TOEIC 730/755点

【 過去のスコア変遷 】

TOEFL

( 2018/12/16 ) R3, L6, S8, W4, total 21

( 2019/6/29 ) R16, L11, S13, W13, total 53

( 2019/9/07 ) R17, L12, S13, W14, total 56

( 2019/12/17 ) R16, L14, S11, W13, total 54

( 2020/1/18 ) R16, L14, S16, W17, total 63

 

TOEIC

( 2019/3/10 ) R235, L300, total 535

( 2019/5/26 ) R240, L325, total 565

( 2019/7/28 )  R285, L315, total 600

( 2019/9/29 ) R280, L400, total 680

( 2019/11/24 ) R280, L330, total 610

( 2019/12/25 ) R350, L350, total 700

( 2020/1/2 )     R380, L375, total 680

 

■[ ヴォキャブラリー ]

とにかく毎日英単語に触れることです。毎日ひとランクずつ復習するようにしていました。「RANK1の956問を45分16秒で間違えた数19個、正解率98.012%」みたいな感じで測定しながらやりました。そうすると、何日間隔でやれば98%以上がキープできるとか、何日サボると95%を切るとかわかるのでおすすめです。後はとにかく、画像検索を駆使したり、イラストを書いて覚えるようにしました。

 

■[ リーディング ] 3点 →17点

同じマテリアルを繰り返しやることと、それを音読することです。音読は、時間がある時には大きめの声でやると、わかっているところ、わかっていないところがはっきりしやすいのでおすすめです。学習スケジュール的にそれが厳しい時には、電車の中の移動時間に周りに聞こえない程度の超小声でやっていました。耳栓を使うと小声でも自分の声が反響して聞こえるので、電車の中など実際に大きな声を出せない環境では、そのような工夫をしていました。また、とにかく単語力は大切です。リーディングで出会した未知の単語は、英単語3800に書き足して、英単語をやるたびにそれらと触れ合えるようにして覚えました。

 

■[ リスニング ] 6点 →14点

短文をひたすらシャドーイングしました。意味やイディオム、文法構造を完全に理解したものを繰り返し聞いてそれに合わせて発音する練習を繰り返しました。留学経験のない私には、in front of など超メジャーなものですら初めは聞き取れなかったので、どう聞こえるべきかよりも、実際に自分の耳にどう聞こえているかを重視して、音を捉えるようにしていました。極端にいうと、「イン フロント オブと聞こえるはず!」、ではなくて「イ フロノブって聞こえる気がする」みたいなイメージです。そして、それを同じように発音できるように繰り返し練習し、ネイティブに伝わるか試したりしました。

 

■[ スピーキング ] 8点 →16点

これも、とにかく反復練習です。簡単でも良いし、間違っても良いから、話さなければ会話は成立しません。そして、間違っているとわかっていながら話したのならば、「あなたならなんて言いますか?」って聞いてしまえば良いと思います。そうすると相手は大概、「こういうのが一般的だよ」とか「あなたの英語は文法的には正しいけど、ちょっと自然じゃないかな」などとコメントしてくれながら修正してくれます。また、使ってみて記憶が定着していくというのは確かなので、どうしても覚えられないものは、ぎこちなくても使ってみて覚えるようにしていました。相手の話に出てくる未知の単語を、調べてそのまま使い返すというのもやっていました。

 

■[ ライティング ] 4点 →17点

ライティングは、よく言うお約束ごととかテンプレートの練習をするのも良いと思いますが、そもそもスペルが曖昧だったり、簡単な単語でも使い方がわからなかった私にとっては、リスニングでのディクテーションがライティングに効果を発揮したと思っています。パソコン上でディクテーションすると、間違ったスペルが明らかになるので、間違ったものを練習したり、allow の後は 人 + to do という基本の形を、タイピングしながら徹底的に頭に叩き込みました。すると、考えずともアウトプットできるようになってきた感覚は掴んできています。

 

[ 試験一週間前/また前日のスケジュール等 ]

私の場合、試験の前々日までは普段と全く変わらないスケジュールで勉強していました。前日は、長丁場の試験に備えて22時にはベッドにはいるようにしていました。当日、朝は7時までには起きてバナナやおにぎりなどを1つ食べ、昼休憩ではカロリーメイトを食べるようにしていました。戦闘モードに切り替えるという意味合いでエナジードリンクを飲むこともありましたが、トイレが近くなったりするのでその点は注意です。笑

 

[ 試験中 ]

大事な局面では、過度な緊張状態から、弱気になったり、いらないことを考えたりしがちです。隙を見て肩や首を回して筋肉の緊張をほぐしたり、あえて10秒だけ時間をとって深呼吸を一度するなどはよくしています。個人的には、自分で自分の脈拍を確認して、緊張している自分を客観的に認知して、気持ちを落ち着かせるなどもしていました。(バイオフィードバックと呼ばれるものの一種です。)

 

[ 失敗体験談 ]

佐々木さんがいつもいうことですが、自分の情報を全てオープンにすべきだと思います。

 

「隠しているつもりはない」とかいう言い訳はなしです。今どんな問題を抱えているとか、どんな精神状態とか、勉強へのモチベーションがどうとか、仕事でのいざこざがどうとか、自分に降りかかる全てのことを、常に情報開示すると良いと思います。

 

私は勉強がどうしても捗らない時は、自分なりに分析して、佐々木さんに連絡するようにしていました。

「今内向しています。実は会社で〇〇と言うトラブルがあって、勉強してる途中にもそのことが頭をよぎるんです。」とか。

 

そうする前とした後では、学習進度に差が出ます。さらに、それによって自分自身の問題解決能力がつくので、次回以降は問題が発生した時に誰かの手を煩わせなくても、自分で解決できるようになるので、これは確実にそうした方が良いと思います。

 

:監督者、ささきっちへメッセージ

 

佐々木さん、こんな私を支えてくださって、本当にありがとうございます。

 

佐々木さんは、常に優しく笑顔で、、、と書きたいところですが、厳しいこともいっぱいありました。笑

 

社会人になって数年が経つと、人から怒られるということは少なくなります。

 

しかし!!

 

私は佐々木さんに会うたびに、度々怒られていました。

 

初めのうち、土曜日は休めないとか、家庭の事情とか言って、自分に言い訳をして十分な学習量が取れなかったからです。

 

 

 

しかし、その当時からわかっていました。叱ってくれる人は、ちゃんと自分のことを思ってくれている人なんです。佐々木さんは、27歳で初回TOEFL21点という底辺の底辺にいる自分にも、本気で向き合ってくれて、立ち直らせようとしてくださっているのだと感じました。それが、私にとって何より嬉しかったですし、ありがたいことでした。

 

だから、自分の家庭が崩壊しそうになって、勉強会を一度離れると決断した時、私は人生で初めて人に本気で土下座をしました。こんなにも、自分に本気になってくれたのに、期待を裏切るかのようで、勉強会を離れることがとても辛かったです。

 

勉強会を離れていた自分に再び声をかけていただいたときには、もはや神なのかと思いました。笑

心から感謝しています。

 

世の中には、先生とか教授とかいう肩書で物事を教える人々がたくさんいます。

でも佐々木さんは、それとはまた少し違っています。

 

 

「勉強は、自己満足や人を蔑むためにするのではなく、人や社会のために役立て初めて意味がある」という言葉はとても心に残っています。佐々木さんは、ただのエリートや頭でっかちな人間を作りたいのではなく、人のために生きる人を育てたいのだと、教えてもらう側にいながらそう感じました。

 

佐々木さんの生き方をみて、自分も自分自身が誰かに良い影響を保たられるようにならなければいけないと本気で考えるようになりました。

 

これから産み出していく成果で、佐々木さんに良い報告をしていけるように、これからも頑張っていきたいと思います!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です