【基礎力】 TOEFL®に勝てる基礎力を強化させる(前編)

 

\TOEFL®に勝てる基礎力を強化する(前編)/

TOEFL®の合格点を越えるためのカギが「基礎力」の養成です。
「基礎=簡単な単元」と侮ることなかれ!
基礎が弱いと超難解な英語能力試験TOEFL®を越えることは難しいのです。
つまり、高得点を狙えば狙うほど、基礎力がカギを握るのです!
今回、TOEFL®に勝てる基礎力をどうやって身に付ければ良いか、
カギになるTOEFL学習の「言葉(キーワード)」をお届けします!

 

 

1)  TOEFL®学習計画

超難解な英語能力試験、TOEFL®。その高い壁を越えるには、多岐にわたる基礎的な項目をすべて「確実に」こなしていく必要があります。そのためにも学習計画は必要不可欠!「英語は嫌いな科目じゃないから、勉強を始めるのは後からでも大丈夫」と気楽に考えていると、思ったよりも時間がかかりすぎ、留学出願までに間に合わなかったという大きなミスを起こしてしまいます。学習計画によって「いま自分がやるべきこと」を明確に理解した上でことで確実な英語力を手にしましょう!

 

(TOEFL®勉強会の対策)
  • 学習計画を立てる上でも現状のスコアを知っておくのは重要。「初受験は必須」としていますよ
  • 1週間単位で計画し、進度の遅れや効率を留学経験者の指導の下調整しています。
  • いつどこまでをやるのか具体的に指示を受けることで、迷わず学習を進めています。
  • 毎日の学習の進みを自分自身で振り替えられるよう、学習日記を付けています。
  • 学習の質が落ちないように、体力や集中力にも気を配っています。
  • お金も時間も、最大限効率化させるように具体的なアドバイスを受けています。

 

 

2) 理解

基礎力を蓄えるためにも、多くの知識を覚える必要があります。そのため「丸暗記」だけに頼りがちな勉強法ですが、覚える以上に「理解しているか」どうかは大切です。なぜなら、たくさんの英単語や文法を覚えていても、そのものが何を指しているのか分からなければ、結局忘れるスピードも速くなるからです。

暗記する前に理解していかどうか、徹底的に追い求めましょう!

 

(TOEFL®勉強会の対策)
  • 理解してから頭に入れる。(理解せずに覚えても、すぐに忘れてしまう。)
  • 英文法でのミスは、英語力飛躍の足かせになってしまうもの。もし文法理解が難しいようであれば、中学校文法からでもやり直して、基礎の基礎から確実に仕上げています。

 

 

3) インプット(覚える)

インプット:理解したものを覚える作業。

技能を手に入れるためには、その対象への接触回数を増やす必要があります。

 

(TOEFL®勉強会の対策)
  • 覚えるための学習の手掛かり:接触する方法にも工夫を入れています。

例えば、一つの単語を覚えるために、

「読んで理解する」

「書いて覚える」

「口に出して読んで覚える」

「絵に描いてみる」など、アプローチの方法を変えながら英語に触れる回数を増やすことで、記憶の安定化を進めています。読む、書く、見る、話す、など5感をフル動員することで覚えたものが安定します。※ 集中力を伴った学習をする(集中力が足りていない学習時間は「勉強していない」と同じ結果をもたらす。)

※ 勉強している内容に興味を持つ|英文の背景知識を入れる(リアリティのないものは吸収しにくくなるので、現実性を持たせるために絵や写真などを見つけ、理解を促しています。)

※ 今まで吸収してきた知識を整理し、関連付けること

 

 

4) 復習

時間の経過とともに、せっかく積み立てた知識も薄れていくもの。

先を急ぐあまり、基礎が身に付いていないまま難解な問題に進むことがないように、復習は忘れないで前進していくことです。

復習をこまめにつなげて言うだけでも大きな力に変わってきます。

 

(TOEFL®勉強会の対策)
  • 英単語を理解して覚えたかどうか「英単語チェック」を受けています。

こまめな復習とおさらいによって長期記憶に入っているかどうか進度管理を受けています。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です