【基礎力】 TOEFL®に勝てる基礎力を強化させる(後編)

 

\TOEFL®に勝つ基礎力(後編)/

TOEFL®の合格点を越えるためのカギが「基礎力」の養成です。

「基礎=簡単な単元」と侮ることなかれ!

基礎が弱いと超難解な英語能力試験TOEFL®を越えることは、非常に難しい!

高得点を狙えば狙うほど、基礎力がカギとなり勝敗を分けるのです!

今回、TOEFL®に勝てる基礎力をどうやって身に付ければ良いか、

カギになるTOEFL学習の「言葉(キーワード)」をお届けします!

 

 

5)補強

苦手科目を克服しないまま、先を急ぎすぎても実力には反映されていません!

弱点を持っているとは、「(その単元が克服されていない限り)成長が上げ止まる」という意味です。

【1】まずは、克服するべき弱点を知ることです。

【2】次に、そしてその部分を補強させること。

苦手な単元を一つずつ、穴を埋めることで、これからの成長がぐっと違ってきますよ。

「知ること」+「補強すること」この2セットで基礎力を確実なものにしましょう!

 

(TOEFL®勉強会の対策)

+10点であればやみくもに勉強していてもいつかは到達することがあるかもしれませんが、+20点以上や、80点以上を目指すとなると、基礎基本の苦手科目の補強は絶対に必要です。出来なかったところを「できる!」にしないと次には進めない!今あるスコアから絶対にあなたにTOEFLスコアをってもらいたい。だから、この方針を強力に取り入れています。

 

 

7) 問題演習

基礎的な知識を入れたなら、本当にそれができるようになっているのかがを実践問題を解きながら確認していきます。その際に、語彙やその背景知識をさらに増やし、強化させています。

 

(TOEFL®勉強会の対策)

TOEFL本番の問題が解ければ良いのですが、初心者にとってTOEFLリーディングはかなり手ごたえのあるもの。勉強会では、まずは基礎的な背景知識を入れられるように簡単な問題から取り掛かっています。基礎基本をしっかりしていけば必ず、大変な問題にも対応できるようになりますのでしっかりこなしていきましょう!

 

 

8) テキスト

あれもこれも手を出さない!基礎的なテキストは1冊を完璧にこなすことが、学習スタンスとして大切です。

 

(TOEFL®勉強会の対策)

TOEFL60点を目指す人は、りーディング~2冊。

TOEFL80点を目指す人は、リーディング~3冊。

え?これだけ?

基礎基本を入れるために、たくさんの教材は必要ありません。

実際、たくさんありすぎても情報が多くなるだけで、逆に不安定になります。

基礎基本を手に入れるなら、1冊をとことん完璧にして下さい!

ただし、一つが完璧になるまでしっかりと仕上げてもらうことが前提です!w。

 

 

9) 学習アドバイス

学習においては人の力を使う方が早道です!TOEFLはコミュニケーションの能力試験。ひとりでやってコミュニケーションの能力が磨かれることがあるのでしょうか?

 

(TOEFL®勉強会の対策)

基礎基本が収まっているかどうか「チェック」を受けるだけでも学習効果は全く違います。勉強会では留学経験者やTOEFL高得点の先輩が、品質を管理し「基礎基本が本当におさまっているのか?」徹底してお手伝いをしているので結果が出るまでのスピードが違います。安心してTOEFL対策するなら、留学経験者の力を使わない手はありません!

 

 

10) 学習パターン/学習リズム

「やる気になってから」と先送りにするのは要注意。TOEFLの最大の失敗は「始めるのが遅かった」というものです。それくらい留学準備には「スタートの速さ」は重要です。今の生活に見切りをつけるためにも一歩踏み出して一日も早く学習リズムを確立すべきです。

 

(TOEFL®勉強会の対策)

※自宅だと気が散る人は、特に外に出てはかどる環境で進めるように促しています。※またスキマ時間も効果的に使えるように、通勤時間、休憩時間なども使っていくと効果的です。ささいな時間でもしっかり積み立てることで基礎力の向上に役立ち、最終的には、大きな成果が期待できます!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です