【 新型!! 復活のTOEFL®戦略(その3)】wn

TOEFL®の目標スコアに到達するには、着実な学習計画を持って進めることが大切。TOEFL®の学習者は、受験生といよりスポーツ界のアスリートに近い存在です。

長期に及ぶ学習の中では、学習を継続するため必要な工夫もたくさん必要です。今回は確実に実力を付けていくために、TOEFL®学習における「典型的なNGケース」と、それを克服し「立て直していくTOEFL勉強会の解決策」お届けします。

 

NGケース 学習コンディションが整わない

やる気が続かず失敗している理由:

「 何とかなるだろうとつい思ってしまうときがある 」

「 いろいろ試してはみるが、どれもあきらめがはやく長続きしない 」

「 計画がないのでいつもその日の気分任せ 」

 

英語がファッション・流行化しているケース

なんとなく留学してみたいと言って英語の勉強しても、勢いやスピード感が弱い状態で取り組むことになります。ゆるい計画を立ててしまった結果、時間をかけた割には最終的には効果のなかった学習をしてしまっているものです。いろいろな目新しいものに飛びつくのが速い反面、持続する力が弱いので長続きしません。

 

➡( TOEFL勉強会立て直し戦略

自分に合ったレベルからスタートしていき、着実に積み重ねていきましょう。他のものに目移りするのをやめて「 ひとつのものにとことん向き合う 」ことから始めていただいています。段階も自分にピッタリ合ったものなら難しすぎて続けられないといった問題を回避することができます。

 

TOEFL®は、しょせん英語。なんとかなるだろうと思っている人

勉強方法だけ知れば後は何とかなるだろうと思っている人です。TOEFL®で扱われるような英文を読めるようにならなければ、海外の大学に行ってから教科書が読めず、先生の言ったことが理解できません。

 

➡( TOEFL勉強会立て直し戦略

まず、自分のやる気をあげるためにもTOEFL®の本番試験を受験してみてください。そこからすべてが始まります。「留学ができなかった」「TOEFL®のスコアが思うように上がらない」こういった失敗のほとんどが【 勉強するのが遅すぎて間に合わなかった 】というものです。勉強してからTOEFLを受験するのではなく、受験することによって勉強する必要性を感じ、その必要性によって自分を動機づけさせることができます。例え準備が整っていなくても、早期の受験は、あなたの英語学習を助けます!

 

TOEFL®勉強会の「モチベーション」における解決策:

不安は「 明確にされていないこと 」から起こります。まず自分の現状を把握し、やるべき学習作業を明確にすることです。何も行動していないのに、何かが変わることはありません。TOEFL®勉強会では同じような不安や問題を克服してきた先輩たちが、どうやって乗り越えてきたのかその解決方法も教えてくれます。そんな励みのある環境であれば、やる気を落とすことなく頑張ることができます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です