\知ってるだけで TOEFL®スコアが上がる 大学生活について( カフェテリア編 )/

TOEFLでは大学生活についての題材も扱われます。

今回は、学生生活を送る上での「食事の話」について簡単にお話しします。

 

【ミールプラン(meal plan)について】

meal plan とは大学のカフェテリア(食堂)で使う

食券の回数券のようなもので、

食事できる回数が学生証に記録されるシステムです。

 

学生寮に住む学生は、特に1年生は購入が必須な学校が多くなっています。

 

日本では食べたいものを注文するスタイルですが、

アメリカはなんとビュッフェスタイル!

 

「あと何回食べられる?」

というようなカウントするシステムです。

 

気になる【ミールプラン(meal plan)の料金】について!

 

もちろん学校によってプランの内容は異なりますが、

おおよその料金をご紹介いたします。▼▼▼

 

(マサチューセッツ大学の場合)

・$3,367/semester (1学期間) 約37万円

・無制限に使うことができます

・$500 Dining Dollars:キャンパス内の売店で使うことができるお金で、使わないままでいると消えてなくなってしまいます。

・15 Guest Meals: 同伴者につかえる食事券です。こちらも使い切らないと切らないとなくなってしまう!

 

計算してみると、1回あたり約1300円ほどかかります。

食べ放題とはいえ毎日これでは、高すぎ!!!

 

「じゃ、自炊すれば半分くらいに節約できそう!」

と思われたかもしれませんが…

ほとんどの場合、自炊できないのです。

 

なぜなら、寮には。。

キッチンが付いていないからです!!!!!!

(アメリカ人はあまり料理しませんし。笑)

 

これだけコストがかかるとなると、

奨学金なしでの留学はきついですね。

 

 

TOEFLでは学生生活の内容がリスニングで扱われます。

 

事前にアメリカの大学のシステムについて知っているだけでも

スコアも大きく変わってきます!

 

留学するうえでも、TOEFLを受験する上でも、

事前情報をそろえるのも勉強になりますよ★

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です