\TOEFLだけじゃない!留学出願までのリアルな壁: 問題編(1/2)/

【 海外留学!】 力が付くのは留学中よりむしろ「事前準備の段階 」です!

 

『  海外留学!』さらりと言うけどその内情は、

超~、すごい。

海外に出たいという日本人が少なくなった今、

留学をしたいといった時点で変った人。笑

実際に留学を実現してしまう人、もはやモンスターレベルです。笑。

 

特に高等教育機関( 大学院以上 )に留学が決定するまでには、

巨大な壁いくつもあるんです!!!

 

 

【 1.学力検査 】

英語能力試験です。

TOEFL®のスコア提出が求められます。

TOEICで換算すると約920点以上です。

勉強会の皆さんは、この英語力アップを目指して

ここを鬼ガンバってます!!!

 

 

【 2.学校の成績。】

海外留学で必要な成績審査の基準は、日本のものとは大違い!

「 学部時代に落とした科目(Fail)」が

0(ゼロ)としてカウントされてしまいます。

そうすると、安易に落としてきた成績が、

後で裏目に出てしまうということが起こってしまうのです。

 

 

【 3.ファイナンス・お金の証明 】

お金がないと留学できず。
まず、スタートにも立てない状態に!

海外留学には、

銀行から発行してもらった明細書を提示する必要があります。

 

留学中の学費や生活費に問題がないか確かめるためです。

みなさんのご両親がサポートして下さる状況でない限り、

多くの資金を積み立てておく必要があります。

 

【 4.推薦状 】

大学の教授や職場の上司からの推薦状です。

2~3通必要になります。

一般的な日本人は英語が書けないので、

通常、推薦状の依頼をすると断られることになります。

 

成績が著しくない大学時代だった人は、

「書いてください!」と教授にお願いに行くと、

逆に書きたくない理由をたくさん言われ

凹むことになる人もいます。

 

 

*それ以外にもたくさんの準備するものがあるのですが、

それを超えることがすでに冒険!

 

留学生のバイタリティーは、

「 すでに留学準備をする時点でも発揮される」

ことが求められているのかもしれません!

 

 

だから、

「 留学したいといった時点で変態 」
「 留学している人(大学院以上)は、もはやモンスター級」

 

なのです。笑

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です