\最大効果を生み出すのTOEFL®リーディング対策/

TOEFL®学習というと、早くから本番と同じ内容の問題に取りかかろうとする人がいらっしゃいます。

しかし、TOEFL®は4年間の学部留学をした人でも8割を取るのが難しいテストです。

TOEFL®を始めたばかりの人にとっては、本番に合わせた演習問題をするには、まだまだ知識不足です。

TOEFL®のスコアがまだ低い(70点以下)の時は、TOEFL®の本番問題は学習に利用しない

本番同様のTOEFL®問題が解けるように、まずは基礎をガチガチに入れてください!

そのために利用する学習素材は、日本の大学レベルの英語問題!

日本の大学入試レベルがままならないのに、TOEFL®で高得点が取れるということはまずありません。

特に40点前後の人は、TOEFL®の教材に手を出す前に

【 まずは高校英語を完璧にすること 】を強くオススメします。

・高校で扱われた「 英単語・英文法 」が100%入っていますか?
・大学入試センターレベルで80%取れていますか?

TOEFL®ができないのではなく、そもそも日本の高校レベルまでの英語ができていないのが原因です。

日本の高校英語をガッチリ固めるだけで60点まではスムーズに向上します。

40点前後の人は、まずは日本の大学入試レベルの英語を見直しはいかがですか。

 

説いた問題をデータベースに落として学習進度を管理する。

その次のステップ60点台の人が、80点・90点を目指には、

知識的な英語を「 アクティブな英語 」に変えていくことがスコアアップのカギです!

「 1度やった問題は徹底して繰り返す! 」のが大切!

解き直すことによって、

読む力は正確性を増していき、

復習も洗練され、

解答スピードも上がっていきます。

TOEFL®勉強会では、学習者さんが毎日の学習によってどれくらい形になったかを「見える状態」にして進度表としてデーターベース化しています。

そうすることによって、自分の間違えやすい分野や理解が薄くなっているところを意識しながら取り組むことができます。

\1回目/
1度、解答して英文は、「英単語・英文法・英語構文」をとことん解析理解していきます。

しっかり解析できたものは、そのままにしておかず体得作業によって実力に変えていきます。

その方法の効果的なものは「 音読 」です。

問題を解いただけのやりっぱなしはNG。

TOEFL®勉強会では、問題を回答した後7回を最低条件に行っています。

\2回目~/
時間を置いてから、2回目にも同じ問題を解きます。

「1回目に行った問題が2回目に解けないということは英語力になっていない」 ということがシンプルに理解できます。

1度目に解いたものが実力になったかを測定し、

「本当に今までの勉強で英語力が付いている?」

といった学習には大切なことを意識してもらうことです。

定着していないのであれば、何度も繰り返して続けます。

難しい問題に手を出すだけでなく、いま目の前にある1つの問題を丁寧に扱うことで次のレベルにしかりと上がっていくことができます。

TOEFL®勉強会では、30点台の人が80点に上がるまでに大量の問題を読み込みさせられていそうに見えますが、たった数冊の同じリーディング問題を6回以上はトライしていただいているだけです。

【まとめ】基礎が積み断っていなければTOEFL®スコアは上がらない。目の前のものを大事にすることが近道です。

 

TOEFL®勉強会では、難解なTOEFL®問題を来れられる実力を無駄なく身に付けられるように留学経験者の先輩や、現役留学生からの生の情報によってバックアップしています。「 正しいTOEFL勉強法 」によって、最短、最速で目標スコアを達成してください。

  • #英語学習
  • #留学
  • #海外留学
  • #英語勉強
  • #語学留学
  • #mba
  • #toefl
  • #交換留学
  • #留学準備
  • #TOEFL勉強法
  • #TOEFL

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です