\TOEFL®リーディングの悩み解消しましょう/

TOEFL®リーディングついての悩みの多くは、問題文の戦略的な解き方よりも「 基礎基本の知識の補強 」によるものがほとんどです。その中から「 良くある悩みの解消法 」 を普段の学習の心がけとしてお届けします!

【1位】 英語が長文になると読めません。

読めない理由が
「 1.知識の不足 」から来るものか、それとも
「 2.読み切るだけの体力がないのか 」が大きな原因です。

前者の知識になると、
TOEFL®の英単語と文法の知識をいれることは、
リーディングを読み解く上でも

欠かすことのできない前提条件です。

今まで高校で習った英語も理解できなかった人が、

TOEFL®のような難解な英語を読みこなすことは、

難しいですよね。

ですからまずは、知識に大幅な不足があることを認識して、
英単語を補強し、英文法をもう一度やり直すことをオススメします。

「基礎基本をおざなりすると・・」こんな症状が現れます。

TOEFL®の目標スコアを取るまでに、かなりの時間をかけてしまう。

英単語はできているつもり。
リーディングを何度か解いた。
だけど、本番になるとスコアが上がらない。

こういった原因のほとんどが
基礎的な文法や英単語が入っていません。

逆にここを初めから見直して取り組み、補強することで、

今後、驚くほどの効果が期待できますよ★

「 英語力の勝負は、大文字から最後のピリオドまで!」

徹底して、自分の不足分を補って下さい!

後者の場合は、

かなりの英文を読み進めるだけの体力や推進力がない場合です。

「 TOEFL®の本文は全文読まなきゃだめですか?」
→「 あたりまえです!」 

英文が長文なのでザっと拾い読みして、
「 解答に必要な所だけ見付けたら、後はラクラク正解に結びつける。」

なんて、そんな簡単にTOEFL®リーディングを読みこなせるなんて不可能です。

TOEFL®は4時間にわたる長時間の試験。
これを鍛えるには、

普段の学習時間を増やし体力を付ける必要があります。

TOEFL®長文に取り掛かる前に

不足した力を補うことを念頭に置くだけでも、
英語力の鍛え上げられ方が変わりますよ!

【2位】 内容が読めるのですが、正解率が低いです。

問題を解く段になると

途端に正解率が落ちてしまうTOEFL®学習者さんがいます。
その原因はシンプルで、本文に注意しすぎて、
「 問題文に対する、解き方に対する読み取りの認識が低い 」

ことが挙げられます。

問題には、その問題に対する取り組み方や解き方のプロセスがあります。

問題ごとに「 解き方・取り組み方 」にこだわり
正しいプロセスで解答していく習慣をつけることで、
問題文へのアプローチの仕方も変わり正解率も上昇していきますよ!

\設問によって問われている視野の大きさが違う!/

【本文の観察範囲が狭い問題】とは、

内部の理解を問う問題です。

70点以下の人は、1文1文を大切に読み込みながら、

この点を徹底的に対策してください。

【本文の観察が広い問題】とは、

前後関係・文章全体の流れを問う問題。
80点以上の人は、この点を注意しながら読み込む練習をすると効果的です!

何と言っても重要なのは、

いままで行ったTOEFL®の問題を復習することで、

解答力も培われます。

やりっぱなしでは、効果は半減。

いままでかけた学習時間も台無しになります。

一度読んだ本文を読みなおし、解いた問題を解きなおすこと。

これが全ての得点力、英語力です!

みなさんの英語力に直結するTOEFL®勉強法をお届けしています。実際に効果のあったものだけをお届けしていますので、安心して勉強を続け留学の夢かなえてくださいね。応援しています!

参考: TOEFL®勉強会

https://toefl-study-group.org/

  • #留学
  • #海外留学
  • #語学留学
  • #toefl
  • #交換留学
  • #留学準備
  • #TOEFL勉強法
  • #TOEFL

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です