【 TOEFLの壁#1】 扱われている内容のリアリティがない(解決法)

 

\その学ぼうとする人々の前に立ちはだかる障害とその解消法(1)/

留学英語TOEFLを勉強している時、こんな壁にぶつかることありませんか?

【1.留学英語TOEFLで扱われている内容のリアリティがない(問題と解決方法)】
TOEFLで扱われる内容のほとんどが、
普段、目にすることのない学術的なものです。

なじみがないものであればあるほど、
その内容は難解に感じるでしょう。

絵や写真、実際に触って見たりすることで、
本当の理解ができるようになります。

わたしにとって単語のリアリティがないため
リーディングリスニングで理解できないときがあります。
勉強会ではリアリティの不足を補いように指導いただいています。

絵や写真、映像は、リアリティの不足を補う助けとなるでしょう。

さらに、周りから協力を得るためにも、
たとえば、親に留学したいという意思は知ってもらっていますが、
具体的に
「 どこで、なにを学んで、なにが必要なのかを理解してもらっていない 」
といったことは留学前に良く起きる問題です。

こういった留学前の協力を得る段階に
今後の計画や行きたい大学などを
絵や写真を見せることで、協力者への理解を促すためにも使えますよ!

\留学前に起きる英語の問題も、そして協力者に理解してもらう問題も、リアリティを提供することで解決できますよ!/

  • #英語学習
  • #留学
  • #英語勉強
  • #アメリカ留学
  • #toefl
  • #留学準備
  • #TOEFL勉強法
  • #TOEFL

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です