スピーキング・レッスンすると英語の総合力が上り、TOEFLスコアが良くなる話

TOEFLスピーキングしましょう

 

TOEFL英語をする上で欠かせないのが

スピーキング(英会話レッスン)。

 

でもどうしてスピーキングをすると、

 

英語力が上がるのでしょうか。

 

今回は、

英会話が及ぼす影響力についてお話しします。

 

 

 

 

「Q:どうしてスピーキングすると英語力(TOEFLスコア)が上がるの?」

 

ズバリ、

 

「A:英語を学ぶ必要性が、グンと上がるからです。」

 

勉強をする人にとって最も欠かせないのが、

 

「学ぶ必要性」です。

 

 

スピーキングをすると英単語や英文法を使う、活きた英語に触れることになる。

 

スピーキングしていると、

今まで英単語帳や参考書で学んでいた英語を

 

活きた形で使う局面に置かれます。

 

 

話している時は、待ったなし!

 

「あぁここが足りない(汗)」、

「これってなんって言うんだったっけ?」

 

こんなも感情を強烈に感じます。笑

 

そんな経験こそ、

 

学んだ英語を忘れにくく、

強烈に知識を刻む結果になります。

 

 

通じた時、自分の英語力の確認になる。(逆に通じてない時、自分の頭がフルに動く。)

 

今までテキストで学んでいた英語が、

スピーキングで通じた時、

 

ようやく、

その英文、英文法、英単語はその人になります。

 

 

使ったことがないうちは、

まだまだ「知識レベル程度」でとどまっているもの。

 

知識レベルでは、

その人の英語力にはなっていないので、

 

しばらくすれば、

その文法も英単語も忘れてしまうでしょう。

 

 

逆に通じなかった時、

 

「うーん、うーん。」

 

と、四苦八苦しながらも

自分を振り返ることになります。

 

目の前にいる人に通じなかったことで、

「どの部分を今後、補強していく必要があるか」

 

自分自身にメッセージを流すことになります。

 

それこそが、

今後の英語学習に大きく影響を残します。

 

 

 

 

TOEFLでは特に、継続的なスピーキング・レッスンが必要

 

「英語学習は、継続が大切」と言われています。

どうして継続が必要なのでしょう。

 

続けてないと能力が減ってしまう。

それは、

続けていないとせっかく鍛え上げた

スピーキング能力が減ってしまうからです。

 

日本で過ごしている限り

英語が全くなくても生活していけます。

 

使わないと、

せっかく積み上げた能力も少しずつ減ります。

 

スポーツと一緒で、

1週間でもやらないでいると、

すこ~し、目減します。

 

久しぶりに英語で話すことになっても、

すぐには英文が出てこなくなっています。

 

1週間、スポーツから離れていた時と同じで、

久しぶりだと身体が動きませんよね。

 

英語も同じです。

 

大量の運動をする必要はありませんが、

 

少しでも継続しておくだけで、

大きな体力の現象を防ぐことができます。

 

TOEFLは特に、

スピーキングスコアが、

他の技能と同じ配点で評価されます。

 

ですので、

コストをかけてでも「継続」したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、少しずつ始めてはいかがですか。

 

初めは、頭フル回転で話していた英会話も、

 

慣れてくるとスムーズにできるようになって、

楽しくなって、

TOEFLスコアも大きな変化が期待できますよ。

 

 

 

\シェアください/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP