能力試験としてのTOEFL iBT。90日でスコアを上げる1番のカギとは??

「 締め切りが近づいているけれどTOEFLスコアが上がっていない。」

「 TOEFLに取り組んできた期間は長いけれど、思うような結果が出ていない。」

 

こんなことでお悩みではありませんか?

 

 

 

このような問題を解決するために、

 

高いお金を払って英語学校に

駆け込む方もいらっしゃいますが、

 

多くの場合、

 

結果を出しておられる方は

ほとんどいらっしゃらないようです。

 

 

 

結果がでないままだと、

どうでしょうか?

 

今までかけた時間が無駄になり、

やる気まで失いかけ、

 

1番まずいことは、

 

TOEFL学習からから離れ、

 

留学を諦めてしまうことです。

 

 

 

 

私達は、

 

たくさんのお金を使った後で、

 

時間もエネルギーも使い果たしたとうい話を聞くと、

 

私達は、非常に悲しく、残念に思います。

 

 

勉強会はTOEFLへのアプローチが全く違うから、最短でスコア達成しています。

 

 

勉強会は、TOEFLをこのように考えています。

 

 

TOEFLを入学試験ではなく、能力試験。

 

 

能力試験というと、

 

例えば、自動車免許、医師免許、

 

弁護士資格などが上げられます。

 

 

 

専門性の知識を持っているだけなく、

実際に使うことができる

 

免許が中心ですよね。

 

 

それと同じようにTOEFLを考えています。

 

それは入学試験の英語科目という位置づけではなく、

 

 

80点や100点という免許を手に入れ、

 

それに見合ったレベルの高等教育を受けに行く

 

ということです。

 

 

 

 

そんな能力試験を越えるために1番大切なのは?

 

能力試験を越えるカギは、

 

ズバリ、

 

練習量です!

 

 

 

授業を受ける以上に、

 

入れた知識が使えるように訓練しなければ

 

スコアが獲得できないのがTOEFLです。

 

 

知識を入れたのであれば、

 

それに見合ったアウトプットして、

 

「 自分の能力 」を上げるように努めることが大切です。

 

 

 

勉強への意識の違いだけでも、

 

結果が大きく変わってきます。

 

 

 

私達TOEFL勉強会ができること。

 

 

勉強会では、

 

能力試験を越えるのは

 

「 量 」であると断定して取り組んでいます。

 

 

 

私達の経験から、

 

「圧倒的な量に直面できた方から、合格を勝ち取っている」

 

という確信を持っています。

 

 

 

ですから、

 

この量の壁に直面できるよう、

 

参加者の皆さんを支援して、

 

短期でTOEFLスコアを獲得していただいています。

 

 

 

TOEFLのとらえ方を変えるだけでも、

 

スコアが上がっていきます!

 

 

量がカギですので、

 

まずは今日、

 

いつもよりも少しだけ

 

練習量を増やしてみてはいかがですか。

 

 

 

あなたのTOEFL学習が上手くいくことを応援しております。

 

(また、勉強会の具体的な量の取り方をお話しいたしますね。)

 

\シェアください/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP