【分析してわかった新型のTOEFL勉強法】 シャドーイング×フォニックス

TOEFLのリスニングやスピーキング対策をする前に

英語を聞く・話すためのベースが必要です。

その練習法として有効な2つが、

シャドーイングとフォニックス!

 

【シャドーイング】とは、

聞いた英語の音声のすぐ後に、

それを真似して発音練習する

英語学習法です。

 

【フォニックス】とは、

書かれている英文と発音って、

何の関連性もなく

「どうやって読むのか分からない」といったことありますよね?

それをフォニックスでは、

英文とその発音の関係性を導くことで、

正しい読み方を知る方法です。

 

 

 

この2つの英語学習方法が、

日本の学校教育で取り入れている

英文だけの教科書的な学習方法から、

話せる・聴ける、

コミュニケーションの英語として

最適な英語学習法です。

 

【まとめ】

まずは、

英語学習の新しいやり方として導入する前に、

この【シャドーイング】や【フォニックス】

どんなものか知ることから始めてはいかがですか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA