❶【 TOEFL®ライティング対策 】得点UPになる『 評価ポイント 』とは?

正しいTOEFL®ライティングの勉強法

 – 目次 –
1.評価ポイントとルールを知ろう!
  A. 文字数
  B. 学術的な表現方法
  C. 論理展開/ロジック
2.練習の手掛かり
  D. 高い評価のサンプルを分析!
  E. 時間間隔を身に付けよう。
  F. 添削を受けよう。

TOEFLライティングの評価ポイントを知ろう!

TOEFLライティングは、他のセクションに比べると得点が上がりやすいと言われています。そのライティングで、短期間で得点を上げるためにも1番に知っておかなければならないことは、「ライティングで評価される点はどこなのか」です。評価されるポイントを知らなければ、いくら書いたところで得点にはなりません。また、TOEFL勉強でどの点を鍛えておくべきなのか知って行うことは、効率よい学習にとっても欠かせません。

TOEFLライティングで【評価ポイント3つ】をご紹介!

これらの項目を意識して学習していくと、スムーズなスコアUPが期待できますよ。


A.文字数

( 特にTOEFL初心者さんは、ライティング10点以下は文字数を上げるだけで急激に上がります。)まず一番初めに、しっかりとした英文量を書くことです。 300字以上は欲しいのですが、いつもその「 最低300文字」を目指して練習していても、本番では得点にならなかったで終わることがあります。理由は、300文字の中に文法や表現の間違いがある英文が含まれていると、文字数もどんどん削られ300文字を下回るからです。こういったことに対処するために、まず普段から400文字以上を目標として練習てください。

  • 【(×)300文字に満たないライティング】は、文法的に全く間違いのない英文を書いたとしても、文字数がすくなすぎるので、得点にはなりません。
  • 【(○)400文字前後】 普段の練習時は、この400文字を目指してください。
  • 【(○)450文字以上】 上級者の目指ライン

最初のうちは、文字数を増やすだけでもライティングスコアは変わります。練習時に分量を心がけるだけでも、本番での実力発揮も随分変わってきますので、量を狙って書く練習を行ってください!➡ TOEFLライティングの初歩はヴォリュームある「 英文数を時間内に書き上げる」訓練から。

【米津まさきさんのライティング(横浜国立大3年生)ライティング13→20 】
大量のアウトプット→ロジカル、アイデアという順で重点的に行いました。 僕はTOEFL勉強会に入るまでライティングの練習などしたことがなかったので、かなりの書く練習量を取りました。毎日、必ず一題やりこみ、300文字を超えることは、最低基準の目標に行っていました。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。