楽に上達する【 TOEFLスピーキング対策(スコア別TOEFL勉強法)】

TOEFL iBT スピーキング対策(各段階ごとの勉強ポイント)

TOEFL iBTのスピーキングは、日本人にとって難易度が高く感じてしまういセクションですよね~。

でもスピーキング上達もコツがあるんです!

それは、
❶【各成長ステップごと、ポイントを押さえた学習をすること】

そして、
❷【圧倒的な経験値(練習量と言うとやる気が減退するのでこの表現にしました。w)】

なんです!

今回は、各ステップごとのポイントを簡単にご紹介しますね★w

【 TOEFL 60点】
このレベルまでは、英語を使う・話す習慣だけで、比較的到達するレベルなんです♪ 対策は、話す機会を十分に作り、覚えた文法や表現を使いながら、英語を使い習慣を増やしていくとうまくいきますよ!

【 TOEFL 80点 】
次のレベルを目指していくとなると、実際のTOEFLの過去問を参考にしながら、求められるスピーキング力を意識しながら練習することが必要です!スピーキング問題は、リーディングやリスニングもできないと、問題解答に到達すら難しい!問題傾向に慣れることが大事です!

【 TOEFL 100点 】
このレベルになってくると、文法、発音、表現はできて当たり前!ですが、ライティングと同じように、「英文全体のロジック」がきているかがスコアアップのカギです!論理力をつけるには、場数、つまり過去問をランダムに見ながら練習して経験を踏むことうまくいきますよ!

 

TOEFLスピーキングは、
各成長のステップを踏みながら、上を目指していくとうまくいきます!

そして、
英語を話した経験数に大きく影響されますので、ポイントを押さえたスピーキング学習ガンバっていきましょう!

【TOEFL勉強会 オフィシャルサイト】
https://toefl-study-group.org/

【 シェアして下さると嬉しいです! 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。