【基礎力】短期で留学英語TOEFLのスコアを上げるためにの基礎力を身に付ける3つのステップとは?

Karen TOEFL iBT 70→92(3ヶ月)】

大学進学もせず、未来に不安を持っていた18歳の彼女。

初めのスコアは60点。

 

そんな彼女が、3ヶ月でスコアを上げた理由。

それは、【基礎の徹底】でした!

 

実は、TOEFL®合格点を越えるためのカギは、

「基礎力」の徹底なんです/

基礎が弱いと、あの超難解なTOEFL®というモンスターを倒すのは難しい!!


「 基礎は、英語ができない人が最初にやるやつでしょ」

と思われるかもしれませんが、

高得点を狙えば狙うほど、

基礎が徹底されていないとスコアが上がらないまま。( Д`)シクシク…!!

逆に、基礎ができるだけで【  TOEFL 80  】は絶対に到達します。

 

むしろ、超難解なTOEFLの問題を解いても、

やる気がなくなっちゃうので逆にNG

特に80点までならTOEFLの問題に取り掛かるより、

基礎基本を徹底するだけで到達しますよ!

 

 

【基礎力】 短期でTOEFL高得点を目指すための基礎力を身に着ける3つのステップとは?

 

TOEFLを受験された方はもうお気づきですね?

ただなんとはなしに漫然と勉強しても、結果に結びつかないのがTOEFLです。(泣)

 

この怪物とも思える【 超難解な試験TOEFL 】 をどう攻略していけばいいか?

 

でも、正しい戦い方のスタンスを持っていれば

必ず、TOEFLは攻略できます!(安心してください。)

 

今回は、TOEFLの基礎力を高めるためのステップを3つご紹介いたします。

 

 

基礎固めのプロセスは3つ「理解→インプット→アウトプット」

 

吸収するには、『  理解→インプット→アウトプット  』

この3つプロセスです!

 

❶暗記は、初めに【理解】ありき。

【理解】がなされていないものを暗記したところで、

結局は、使ったり応用したりすることはできません。

また、すぐに忘れてしまうことになります。

 

理解できたものは、頭に入りやすく、さらに忘れにくいです。

単に暗記だけに走ると苦痛になり勉強が続きません。

 

まずは「理解する努力」を惜しまず、

手を抜かない学習姿勢で取り組んでみてはいかがですか。

将来、コツコツと理解するために労を惜しまなかった自分に感謝する日がきますよ!

 

❷❸インプットとアウトプット運動

次に学習内容を記憶するために繰り返し、【 インプットとアウトプット 】 の作業を行います。

 

この「繰り返しの作業」を通して、

理解した学習内容がようやく自分の力になります!

 

アウトプットなしでインプットに偏ってもうまくいきません。

インプットとアウトプットの比率は5:5

筋トレと一緒で忍耐力がためされます。w

 

 

基礎力なくしてTOEFLスコアは上がらないよ💦💦。

「理解→インプット→アウトプット」

 

まずは、得点の飛躍の礎となる基礎力をとことん鍛えることからです!

 

特に高得点を狙う方であれば、基礎固めでの手抜きは絶対に許されません。

 

焦って先あれやこれや手を出して

結局、何の結果も得られなかったとなるのではなく、

必要な単語、文法、構文、など英語力の基礎を

抑えながら基礎力を修めていくことが大事です。

 

短期で高得点を達成するためには、必ず【基礎力】が初めです!!!

それを理解していただいて、目標突破へ走り出してください!

 

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。