【現役の勉強会生へ】90日で+40点を達成するための「 TOEFL iBT対策用 」テキスト紹介

TOEFLのスコアを上げるには、「いまのあなたに最適な教材・テキスト」と「その使い方や向き合い方」にがカギです。※英語初心者さんが最初からTOEFLのテキストを使うのも適切ではありませんし、また、テキストを数回眺めたからと言って実力がついているということもないのです。

一つの素材にのめりこむこによって、後から見れば驚くほどの実力がついていていますので(時には飽きて次に移りたい気になることもありますが)とことん向き合ってください!

 

❶英単語を補強する。

≪こちらがテキストがオススメ≫
TOEFLの英単語が、他と比べて難しく感じるのは「学術的な英単語」がふんだんに使われているからなんです。知っている英単語の数が少ないと、それだけ英文を読むことも難しくなってしまいますので、英単語をしっかり補強しましょう!

【注意】 英単語を覚えるためには「それが何を意味しているのか」理解した上で覚えることです。分かった気になって日本語だけで丸覚えしようとすると、すぐに忘れますし、TOEFLで出てきても結局は理解できないということになります。

 

❷英文法を理解する

 

❸TOEFLリーディング対策

≪オススメのテキスト≫
TOEFLの場合、その英文が難しく感じる時は、その専門的な内容により、理解しにくいということが起きます。逆に知識があるとそれだけ読みやすくなるのも事実です。

 

❹TOEFLリスニング対策

≪このテキストがオススメ≫

【注意1】 リーディングができてから→リスニングです。なぜなら、リーディングで扱っている内容がリスニングの内容になるため、「読んでも分からないものは、聞いても分からない!」こういったことが置きます。まずは読めるようになってから、聞く練習をすることです!

【注意2】 まずは、短文で練習!短文が聞けないのに長文が聞けるということはありえないのです。ですから、まずは小さく、とことんリスニング練習!

【注意3】 海外の大学生活について知ると得点しやすくなります!なぜなら、リスニングの内容は「学生寮での生活」「図書館の使い方」「大学での教授とのやりとり」を扱っているからです。大学生活を知っているだけでも、リスニングスコアがUPしますよ!

 

❺TOEFLスピーキング対策

≪アウトプット系|演習練習を必要とする科目≫

【注意1】 ネイティブと英会話するとより効果的です。

【注意2】 スピーキング対策するなら、基本的な英語構文を持っておくことです!

 

❻TOEFLライティング対策

≪アウトプット系|演習練習を必要とする科目≫

【注意1】 ネイティブに見てもらうこと。書く練習はかきっぱで終わってはNG

【注意2】 よい英文、サンプルに触れておくこと

【注意3】 英作文の練習と言うよりも「論理(ロジック)」を測るテストです。

 

❼ TOEFL の全体像を知ってください/

本番の試験を受けるには245ドルとお金がかかってしまいますが、公式ガイドならコストを抑えて実力を判断することができます。

 

あなたにして欲しいこと

良いテキストを知ったなら、その素材にとことん向き合って下さい。なんとなくできた気になって次に進んでも、実力になってなかったということがおきます。毎日の練習でこそ、実力は上がります!

時にはぐっと忍耐、努力することもありますが、一つのテキストにしっかり向き合うことでがカギです!がんばって!

 

【 シェアして下さると嬉しいです! 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。