【 新型!! 復活のTOEFL®戦略】

 

TOEFL®の目標スコアに到達するには、
学習計画を持って進めることが大切です!

TOEFL®学習者は、
受験生といよりスポーツ界のアスリートに近い存在。

そのため長期に及ぶ学習の中では、
学習を継続するためのメンタルを整える必要があります。

今回はこういったことを踏まえ、
TOEFL®学習における「典型的なNGケース」と、
それを克服し「立て直す方法」をお届いたします。

NGケース: 学習計画がない

学習計画を無視して失敗しているケース:
「 基礎できないのにTOEFL®本番に特化した勉強をやりたがる」
「 アドバイスに耳を貸さず、自分本位の勉強法に固執する」
「 やりたいことが多すぎて多くの情報に振り回される」
「 やりたくないセクションや単元はいつも後回し」
「 英単語・構文の基礎を固められていない」
「 いつまでに完了させるのか、期限の逆算ができない」

【 やることが多すぎて勉強が空回り。圧倒されて挫折 】

「出願までに時間がない!」と焦っている人は特に、
1日にできる量以上の計画を立ててしまいがちです。

さらにその計画が上手くいかなくなると、
どんどんズレが出てくるので
やる気にも影響する悪循環になってしまいます。

焦りが増幅すればするほど学習効率も悪くなり、
良い結果を導くことが難しくなってきます。

➡( TOEFL勉強会の立て直し戦略「やるべきことはシンプル&明確に!」)

一度にできることは、1つだけ!
やるべきことを明確化すればするほど焦りから解放されます。

TOEFL®勉強会では、留学経験者の先輩が、
やるべきことを「 シンプルにする 」お手伝いをしています。

あれもこれもやらなければいけないTOEFL学習ですが、
明確にすればするほど学習は安定化してきます。

※さらに1日の学習を報告できるような仕組み・システムも作っています。
日々の安定した学習には、振り返りは欠かせません。
持つべき学習計画を複雑化から解放しシンプルに!
明確にすることで学習効果を高めています!

【基礎➡応用のステップを無視ししあせってフライング! 】

焦って基礎力も付いていないままに、
TOEFL®の問題に取りかかり挫折。

TOEFL®の実践問題に取り掛かってみたものの、
難しすぎて今の英語力では及びもしない。
(これでは留学にたどり着くまでに気持ちの面で持ちませんよね。)
建物を建てるには、基礎工事が必要です。

それと同じように、英語においても土台となる地盤(基礎基本)をしっかりと作ってから
「TOEFL」に取り掛かることが大切です!

➡( TOEFL勉強会の立て直し戦略 )

勉強会では、TOEFLの基礎基本は驚くほど徹底させています。
基礎がないと学力が積み立たないので、
いままで学習に取り掛かった時間が台無しになりかねません!

1度やっただけでは不十分。
反射的に情報が取り出せるように、

TOEFLスコアを獲得するその日まで、
毎回ガッチリチェックが入ります。

特に基礎力においては、
「1.TOEFLの英単語」
「2.英文の文法解析」
「3.TOEFL®で扱われる分野別の基礎知識」

はいつでも見直したり、補強する努力を続けて下さいね。ほったらかしにしていると、以前はできていたものができなくなっているという問題が起きてしまうことになります。

TOEFL®勉強会の「学習計画」における解決策:

TOEFL®勉強会では、
留学経験者や高得点をとった先輩たちから直接、
意見を取り入れて(他の人の進度など気にせず)
自分の学力にピッタリ合わせたTOEFL®学習計画を取り入れることができます。

結果を出した先輩たちのアドバイスなら、
自分自身の課題を発見し、
それを克服するための無駄のない学習が可能にしていますよ。

 

 

TOEFL®の目標スコアに到達するには、着実な学習計画を持って進めることが大切。TOEFL®の学習者は、受験生といよりスポーツ界のアスリートに近い存在です。

長期に及ぶ学習の中では、学習を継続するため必要な工夫もたくさん必要です。今回は確実に実力を付けていくために、TOEFL®学習における「典型的なNGケース」と、それを克服し「立て直していくTOEFL勉強会の解決策」お届けします。

 

NGケース 本番でスコアが出ていない

本番で実力が振るわず失敗している理由:

「 内容を理解していないのに暗記だけに頼ろうとしているケース」

「 テストまでの学習計画を立てることがないケース」

 

 

内容を理解していないのに、闇雲に暗記しようとしている

内容を理解しないままノートを整理とるだけでは勉強したことになりません。勉強は、学んだ内容が次に使える状態にしていくことです。TOEFL®の問題は、各セクションの内容が理解できているかを問うものですから、参考書にあるような英語の基礎知識を「体系的に理解して吸収」していければ、成績には反映されません。

 

➡( TOEFL勉強会立て直し戦略 )基礎基本は理解して吸収!

TOEFL®学習が長期化した後に、ようやく目標スコアを達成した人は「基本が大事!」と声をそろえて主張しています。基礎を固めるとはつまり【 内容を理解して吸収すること 】です。問題をいくら説いたところで、理解がなくては身に付くことはないのです。TOEFL®は幅広い分野で出題されています。内容理解できるようになれば、必ずスコアは上がりますよ!

 

自分に合った目標をうまく設定することができない

いままで受けてきた授業の試験では、試験範囲が決まっているので目標も立てやすかったと思ますが、TOEFL®では試験範囲も広く、様々な分野の内容が出てくるので目標が立てにくくなります。そうった理由から自分の実力よりも高い問題に手を出してしまったり、学習計画を立てずにどれも中途半端で終わってしまったとなってしまいがち。計画性がなく思いついたままの勉強では、効率の悪い勉強をしてしまうことになり、かけた時間が無駄になったり、集中力が欠けてしまうことにつながります。

 

➡( TOEFL勉強会立て直し戦略

勉強会では、留学経験者によりアドバイスをもらうことで、学力に合った学習内容をしっかり整理してテンポよく勉強することができます。TOEFL®の本番試験を、通常の基礎英語の勉強とは別に位置づけ、まず初めに徹底して自分の基礎基本の弱点を克服してから次のステップに進めるよう計画しています。そのときに何回やったのか、きちんと記録を残しています。やったことを見える状態にすることが、高いモチベーションで継続できるカギになります。

 

 

TOEFL®勉強会の「理解力」における解決策:

【 理解 】がなければ、学力が定着することは難しいものです。TOEFL®勉強会では「 理解 ➡ 復習」というステップが崩れないように、学習進表をもとに学習者の皆さんを導いています。焦る気持ちを押さえて、基礎基本レベルの【理解】に特化して進めていただくことで、確実にスコアアップが達成できます。このステップは軽く見られがちですが、後から見ても近道であり最適な方法です!

 

TOEFL®の目標スコアに到達するには、着実な学習計画を持って進めることが大切。TOEFL®の学習者は、受験生といよりスポーツ界のアスリートに近い存在です。

長期に及ぶ学習の中では、学習を継続するため必要な工夫もたくさん必要です。今回は確実に実力を付けていくために、TOEFL®学習における「典型的なNGケース」と、それを克服し「立て直していくTOEFL勉強会の解決策」お届けします。

 

NGケース 学習コンディションが整わない

やる気が続かず失敗している理由:

「 何とかなるだろうとつい思ってしまうときがある 」

「 いろいろ試してはみるが、どれもあきらめがはやく長続きしない 」

「 計画がないのでいつもその日の気分任せ 」

 

英語がファッション・流行化しているケース

なんとなく留学してみたいと言って英語の勉強しても、勢いやスピード感が弱い状態で取り組むことになります。ゆるい計画を立ててしまった結果、時間をかけた割には最終的には効果のなかった学習をしてしまっているものです。いろいろな目新しいものに飛びつくのが速い反面、持続する力が弱いので長続きしません。

 

➡( TOEFL勉強会立て直し戦略

自分に合ったレベルからスタートしていき、着実に積み重ねていきましょう。他のものに目移りするのをやめて「 ひとつのものにとことん向き合う 」ことから始めていただいています。段階も自分にピッタリ合ったものなら難しすぎて続けられないといった問題を回避することができます。

 

TOEFL®は、しょせん英語。なんとかなるだろうと思っている人

勉強方法だけ知れば後は何とかなるだろうと思っている人です。TOEFL®で扱われるような英文を読めるようにならなければ、海外の大学に行ってから教科書が読めず、先生の言ったことが理解できません。

 

➡( TOEFL勉強会立て直し戦略

まず、自分のやる気をあげるためにもTOEFL®の本番試験を受験してみてください。そこからすべてが始まります。「留学ができなかった」「TOEFL®のスコアが思うように上がらない」こういった失敗のほとんどが【 勉強するのが遅すぎて間に合わなかった 】というものです。勉強してからTOEFLを受験するのではなく、受験することによって勉強する必要性を感じ、その必要性によって自分を動機づけさせることができます。例え準備が整っていなくても、早期の受験は、あなたの英語学習を助けます!

 

TOEFL®勉強会の「モチベーション」における解決策:

不安は「 明確にされていないこと 」から起こります。まず自分の現状を把握し、やるべき学習作業を明確にすることです。何も行動していないのに、何かが変わることはありません。TOEFL®勉強会では同じような不安や問題を克服してきた先輩たちが、どうやって乗り越えてきたのかその解決方法も教えてくれます。そんな励みのある環境であれば、やる気を落とすことなく頑張ることができます!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。