【数値計画】TOEFLの目標スコア達成が速い人がやっているやり方とは?

今回は、TOEFL目標を短期でかなえる人がやっている「計画の数値化」についておとどけいたします/

\TOEFL英語の学習こそ数値計画/

【 天使ちゃん 】
【 天使ちゃん 】
(〇)TOEFLの学習計画が数値化されている人は、勉強をブレも少ないしメンタルの安定もイイ。たとえズレがでてもすぐに修正でき良い状態が続きます。
【 ペン助 】
【 ペン助 】
(✕)数値計画がない人は、行動が行き当たりばったり。全ては気分次第。しょっちゅう悩んで上手くいっていません。半ば、あきらめようとしてる人も。。

(解説)数字は、直面力を要する重大事項です。見たくないな部分を数値で明確に管理されているから、ある意味では「 数字は残酷 」です。だから、目標を達成させられる人が圧倒的に少ないのです。

 

TOEFLにとっての数値管理とは?

TOEFL学習の数値管理は、
「質ではなく量」です。

特に学習時間はこだわっています。

【社会人さん】 平日3時間|週末10時間
【大学生さん】 平日4時間|週末12時間

です♪

「 無理やりにでも直面させられるから、数字って残酷。」

数字に直面して、学習量を増やし、

英語力を上げる方が確実で建設的ですね!

 

TOEFL勉強会の取り組み

❶目標達成までのアウトラインを理解してもらう
❷出願や出国を含めた、数か月のプランを把握
❸さらに、その週にやるべきことが明確にリストされ、「日々、何をやらなければいけないのか明確にする」ことで、メンタルを高い状態に保ってTOEFLを進めています。

だからTOEFL目標まで、最速最短で到達できていますよ!

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。